一般社団法人電気通信共済会の概要

名  称 一般社団法人 電気通信共済会
The Japan Telecommunications Welfare Association
所在地 〒108-0023
東京都港区芝浦3丁目4番1号 グランパークタワー
電話(03)5444-6111  FAX(03)5444-6020
事業開始 平成26年4月1日
(財団法人電気通信共済会事業開始日:昭和27年2月11日)
会長 渡邊 大樹
役職員数 65名(平成28年4月1日現在)

設立のあらまし

 逓信省から電気通信省(現日本電信電話株式会社)が分離独立した昭和24年頃は、戦後の荒廃した社会・経済がまだ復興途上にあり、衣食住ともに不足し生活援護・福利厚生の改善・向上が強く望まれました。
 こうした状況下で職員の連帯した互助活動に対する気運が高まり、当時の電気通信省の全職員が一口10円の募金を行い、「電気通信事業の発展と生涯福祉に貢献する事業体」として、昭和27年2月9日に電気通信大臣(現総務大臣)の認可を受け、同月11日に財団法人電気通信共済会を設立しました。
 平成20年12月に施行された「公益法人制度改革関連法」に対応する新たな法人形態に移行するため、財団法人電気通信共済会は、平成24年10月5日に社団法人全日本情報通信サービス協会と合併して、「社団法人電気通信共済会」となり、その後、内閣総理大臣の認可(平成26年3月19日)を受けて、平成26年4月1日に「一般社団法人電気通信共済会」に移行し、電気通信サービス利用者及び電気通信事業関係者の便益の増進を図り、併せて日本電信電話株式会社グループの役員、社員、退職者及びその家族と遺族の福利厚生を増進し、情報通信事業の健全な発展に寄与することを目的に、新たにスタートしました。

主な事業

相互扶助部事業

その他事業